登録名義と決済サービスの名義は統一する

ジパングカジノの登録は非常に簡単で、スマホアプリ経由で登録することもできます。
出金時には本人確認の書類が必要になりますが、登録してすぐ遊びたい場合は手続きを後回しにすることもできます。

期間限定のボーナスなどを利用したい場合は、ボーナス条件を優先してすぐにプレイするのも方法です。
注意したいのはジパングカジノの入金手段です。

日本からの入金手段がペイトラかエコペイズに限定されるため、登録前に準備が必要になるケースも多いのです。
複数のオンラインカジノを遊んでいる人と、オンラインカジノ初心者で差が出やすいポイントになっています。

クレジットカード決済が使えないことに注意

クレジットカード決済が使えないことに注意

ジパングカジノの登録には、住所や名前、生年月日などの情報が必要になります。
登録時に書類の提出が求められることもなく、登録のみであれば手早く終わらせることができます。
注意点と言えるのは18歳未満が使えないことと、出金時に書類の提出が必要なことくらいです。

登録時の情報と出金時の確認書類に食い違いがあるとトラブルの元になるため、正確に情報や住所情報を入力する必要があります。
また、ジパングカジノに登録すると無料ボーナスが貰えますが、無料ボーナスで大勝しても確認書類の提出だけでは出金できません。

不正防止などの観点から、入金履歴があることが出金条件の一つになっているからです。
ジパングカジノはクレジットカード入金ができないことから、電子決済サービス経由で入金をすることになります。
本格的に遊びたい場合は電子決済サービスのアカウント作成と、決済サービス経由の入金が必須になるのです。

採用が多いエコペイズと手数料が安いペイトラ

ジパングカジノで入金に使える決済サービスや、エコペイズとペイトラになります。
エコペイズはオンラインカジノの入出金サービスの定番となっていて、愛用者も多いのが特徴です。
オンラインカジノで勝っても、お金をどう受け取るかは考える必要があります。

オンラインカジノは海外拠点で、日本の銀行に直接振込を依頼できないことが多いからです。
ジパングカジノも銀行振込の出金は行えません。

しかし、エコペイズを使えばオンライカジノの勝利金をエコペイズで受け取り、日本の銀行へ振込依頼ができます。
銀行振込でエコペイズに入金できる他、複数のオンラインカジノを併用する際の軍資金移動にも使いやすいのが魅力です。

多くのオンラインカジノは入金ボーナスが存在し、期間限定のボーナスアップキャンペーンなどを開催しているからです。
複数のオンラインカジノを使う場合は、エコペイズのアカウントを作っておくのがおすすめです。
もう一つの入金手段であるペイトラは、ジパングカジノとその系列オンラインカジノのために作られた電子決済サービスです。

使えるオンラインカジノは少ないものの手数料が安いのが魅力になっています。
複数のオンラインカジノを遊ぶ予定があるか、手数料の安さを優先するかで決済サービスを選ぶのがおすすめです。
もちろん、すでにエコペイズやペイトラの口座を持っている場合は問題なく利用できます。

ジパングカジノの登録情報と決済サービスの名義は統一すること

ジパングカジノの登録情報と決済サービスの名義は統一すること

ジパングカジノの登録で重要なのは、自分の名前や住所情報を正確に入力することです。
決済サービスの名義と統一することも重要で、不一致が発生すると出金ができなくなるケースがあります。

不正な入出金やアクセスに敏感なのがオンラインカジノで、ジパングカジノもセキュリティが厳重になっています。
名義や住所情報などは念入りに確認されることが多いため、提出する本人確認書類とあわせ、統一することが重要になっているのです。

また、オンラインカジノは、入金手段と出金手段を一致させることも重要になります。
入金元と出金先が別にできると、犯罪などに悪用される恐れが高まるからです。

受け取り先を限定することは、不正アクセスの被害からお金を守ることにもつながります。
本格的にオンラインカジノを遊びたい場合は電子決済サービスがほぼ必須になるため、使い捨て感覚で作らずに正確な情報で登録しておくとその後の手間が省けます。

登録情報に喰い違いがあるとトラブルの元になる

登録情報に喰い違いがあるとトラブルの元になる

ジパングカジノの登録情報は正確さが求められます。
登録時の名義、確認書類の名義、入出金に使うサービスの名義は統一する必要があり、一致しないとトラブルの元になります。

海外サービスを利用する関係上、アルファベットのスペルも統一するのが基本になります。
電子決済サービスのアカウント自体を持っていない場合は、ジパングカジノ登録前に作ってしまうのも方法です。

ただし、無料ポイントを使い切ってから考えたい場合は後回しにするのも方法です。
身分証明証や住所確認の書類は電子決済サービスと共通していることが多いため、後回しにして一度に処理してしまう人もいます。

エコペイズもペイトラも入出金が早いサービスになるため、後は好みの問題になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。