事前準備と要確認事項

オンラインカジノの選定から始める

オンラインカジノの選定から始める

オンラインカジノをいざ始める際には何から始めればいいのでしょうか?
オンラインカジノといっても、数千以上のサイトがありますので、まずは自分にあったオンラインカジノを探す必要があります。
たとえば、ゲームが楽しいか、そして自分に合ったボーナスが用意されているかなどの基準で選びましょう。

また、安全にプレイするためには、信頼性の高いライセンスを取得しているかどうか、外部の監査機関によって監査を定期的に受けているか、そして知名度があるかどうかなども注意してチェックしましょう。
日本語サポートの有無や、日本語化されているかどうかも確認する必要があります。

まずは無料プレイでやってみる

オンラインカジノを選び終えたら、まずは無料プレイでお試しプレイをしてみましょう。
オンラインカジノは、他のギャンブルとは違い、無料で1度ゲームを楽しむことが出来ます。

今すぐ登録して遊びたいという場合も、いきなり登録をするのは危険な場合が多いです。
ゲームに慣れていないと非常にやりづらいですし、ウェブサイトが使いづらかったり、操作しにくかったり、色んな問題が生じることがあります。
まずは無料プレイをやってみて、色んなオンラインカジノを比較してみるところから初めて見ると良いでしょう。

年齢制限を確認する

オンラインカジノを始める際に、年齢制限をチェックすることは大切です。
たいていの場合、18歳未満は登録をする事が出来ませんし、20歳以上と定められているオンラインカジノもあります。まずは規約をチェックしましょう。

軍資金とクレジットカードの用意を

軍資金とクレジットカードの用意を

今は、オンラインカジノは、クレジットカードを使えるオンラインカジノも増えてきました。なので、初めて遊びたいという場合も、手軽にクレジットカードで入金をする事が出来ます。
入出金手段として、電子決済サービスがありますが、とりあえず入金をしたいという場合、クレジットカードと軍資金を用意しておきましょう。
クレジットカードは、カジノによっては使えないところもありますので、複数枚準備しておくと良いでしょう。

軍資金については、けして多く用意する必要はなく、大体10万円有れば楽しく遊べますが、プレイヤーの任意で決めることが出来ます。
初回の払い戻しの際は、本人確認書類が必要ですし、出金手段を考える必要もありますが、まずはお試しでプレイしたいという場合には、最低限これだけは準備しておくと良いでしょう。

オンラインカジノを始めたい場合の手順

オンラインカジノは、始める際に登録が必要となります。まずは、自分のお好みのオンラインカジノを選ぶ事が出来れば、プログラムをダウンロードしましょう。
今すぐプレイのロゴをクリックするだけでダウンロードする事が出来ます。
ダウンロードタイプのオンラインカジノはWindowsに対応をしていますが、Macには対応をしていないことがほとんどです。
この場合に、便利なのがノーダウンロードタイプのオンラインカジノです。この場合、ブラウザ上でプレイが出来ますし、ダウンロードが不要となっているので、すぐに始めることが出来るというメリットがあります。

アカウントの登録

アカウントの登録

その後、オンラインカジノでアカウントの登録を始めます。この際ですが、いくつか注意点があります。
まず、絶対に嘘は書かないということです。もしも嘘を書いてしまうと、払い戻しに応じてもらうことが出来なくなってしまったり、ブラックリストに載ってしまい、別のカジノでも遊ぶことが出来なくなる可能性があります。
また、氏名や住所の不一致だったり、ローマ字の入力間違いにも十分に気を付けましょう。

登録の際通貨を選ぶ事が出来るのですが、負けるときに差が大きくなってしまうのがユーロやポンドです。通貨単位を選ぶ際には慎重に選ぶようにしましょう。

チップの購入について

チップの購入ですが、主にクレジットカードで行います。そのほかにも、エコペイズや、電信送金がありますが、主にキャッシャーで入金購入を行いますので、それほど難しくはありません。
また、チップを購入してもすぐに画面に反映されないこともありますので、その際には繰り返し購入をせずに、待ってみましょう。

払い戻しについて

オンラインカジノの払い戻しについてですが、エコペイズや電信送金、小切手などがありますが、よく利用されてるのがエコペイズなどの電子決済サービスです。
電信送金は手数料がかかってしまいますし、小切手の場合2~3週間かかってしまうことと、手数料が3~5千円かかるので、あまり現実的な方法とはいえません。よって、払い戻しにはエコペイズが便利になっています。

初回の払い戻しには、身分証明書が求められることが多いですので、FAXかメール添付で送るようにしましょう。
こちらは、アカウント登録時と住所や氏名が違えば、払い戻しに応じて貰えないので、注意が必要となります。

また、場合によっては公共料金の明細書が必要なこともありますので、準備をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。